人間の肌はいくつもの層になっている。それぞれの役割

lovestory, 09 4月 2015, No comments
Categories: 未分類

人間の肌は皮の下に肉!のような簡単な作りではなく、いくつもの層になっている事をご存知ですか?

その層はそれぞれに役割があって、すべての働きが完璧だときれいな肌を保つことができるそうなのです。

 

肌は大きく分けて三つの層からできていて、外側から表皮、真皮、皮下組織に分かれています。

表皮は私たちの肌を守るバリアになる部分で、外の埃や細菌から守ってくれる大切な役割を持っていて、肌の内側の水分が蒸発しないように蓋のよう役割もあります。

また、この部分で肌の水分量やきめなどが決まり肌質そのものが決まる部分で、細胞分裂が行われることによって古い角質は一定の期間を過ぎると剥がれ落ち、新しいものへと変わっていくのです。

これが肌のターンオーバーと言われていて、正常な肌は約28日の周期で肌が生まれ変わると言われています。

年齢とともにこのターンオーバーの期間が長くなるため、さまざまな肌トラブルが起こるのです。

 

そして、真中が真皮と言われる部分で、真皮を下から押し上げているというイメージでしょうか?

この部分が肌の弾力やハリを保つ役割があり、真皮が衰えることでシワやたるみなどが表れてくるので、肌の老化を決める部分でもあります。

真皮にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が豊富にあるとハリが保たれ若々しく見えると言われています。

そして一番下が皮下組織です。

皮下組織は繊維質と皮下脂肪からできていて、肌の土台と言われている大切な部分です。

肌に栄養を送り込んだり、断熱剤のような働き、刺激を使えないようなクッションのような働きがあり、あまり知られていない部分ですが、実はとても重要な役割を担っているのが皮下組織なのです。

 

このように、肌はいくつかの層に分かれてそれぞれが役割を果たすことによって成り立っています。

どれか一つのそうでも働きが鈍くなると、肌はたちまち悪い状態になってしまうのです。

 

女性特有の体の不調に効く体のツボ。ここを押せば治る!

lovestory, 09 4月 2015, No comments
Categories: 未分類

女性は一か月に一度は体調がすぐれない時期がありますよね!

生理期間は誰でも何かしらの不調を感じるもので、ひどい場合は仕事や学校に行くことすら辛くなり寝込んでしまう人もいるようです。

そんな辛い女性特有の体の不調を改善するためにいくつかのツボを覚えておくと、いざという時安心かもしれません。

 

女性が知っておくべきツボの一つ目は、膝の近くにある「血海」というツボです。

このツボは生理痛や下腹部が重い、生理周期が整わないなどのホルモンバランスが悪くなることで起こる症状を改善してくれるツボです。

生理の時は左足の血海にしこりのような塊を感じます。

場所は膝の皿ほ内側から指三本上に上がった場所で、押すと強烈な痛みを感じるのでわかりやすいようです。

このツボを押すことでホルモンバランスが正常になり、毎日続けることで更年期障害は軽減すると言われているので、薬に頼りたくない人にはお勧めです。

 

もう一つ覚えておきたいのが「三陰交」という足首にあるツボです。

このツボも生理に関する様々不調を改選してくれ、血行が悪く生理の血の色が黒い人にも効果があります。

冷え性を改善するツボとしても有名で、このツボも強く推すと痛みを感じるのですが、かなり深く押さないと効果が出ないので我慢して続けましょう!

三陰交も血海同様、更年期障害の辛い症状温和に効果があります。

 

他にも女性特有の体の不調を改善してくれるツボはあるのですが、代表的な物がこの二つです。

ツボ押しは即効性がある場合もありますが、続けることで効果が現れることの方が多いので、一度きりではなく朝晩毎日続けることが大切です。

続けるうちにツボの位置が完璧に分かるようになり、正しい位置を押すことができるようになります。

いつでもどこでも、誰にでもできるツボ押しは薬に頼ることなく健康を手に入れることができる知恵なので、自分の症状に合ったツボを覚えておくお良いかもしれません。

また、最初はプロにツボ押しをしてもらい、その場所を覚えておくのも良いかも知れません。

指圧師は、その人の体調に合ったツボを的確に見つけてくれるので、意外なツボを覚えることができるかもしれませんよ。

ひざの黒ずみが気になって仕方ありません。原因を調べてみました。

lovestory, 09 4月 2015, No comments
Categories: 未分類

ある時ふと鏡で自分のひざを見たとき、すごく黒ずんでいたということはありませんか?

若いころは足の他の部分とそれほど色が変わらなかったはずなのに、何もケアせずに放置したことでひざが黒ずんでしまったのです。

この黒ずみがひどくなってしまうと、誰から見ても違和感を感じてしまうほど色が変色していてケアをしていないだらしのない人だと思われてしまうのです。

 

それでは、なぜひざは黒ずんでしまうのでしょうか?

人間の肌はひざに限らず外からの刺激によってメラニン色素が過剰に生成されてしまい、黒ずみになって残ってしまいます。そのシステムがこちらのサイトで説明されています。

色素沈着してしまうとなかなか改善しないので、膝も黒ずみとなって目立ってしまうのです。

この刺激と言うのが紫外線や衣類による摩擦、膝を床に擦ったり足を頻繁に組むことなど、普段の生活でついついやってしまう行動なのです。

衣類の中でも刺激になりやすいのがジーンズなどの目の粗く硬いもので、膝をついて掃除をしたり正座をすることも黒ずみの原因です。

この黒ずみはひざに限ったことではなく、衣類の締め付けによって下着のゴムの部分や股関節にも色素沈着が出来やすいのです。

ナイロンタオルで体を洗ったり、刺激が強いブラシやスポンジも肌には負担になってしまうので、黒ずみができないように優しく洗うようにしましょう。それでもダメだったらこちらのクリームをつかってみましょう。

膝(ひざ)の黒ずみを消すクリームおすすめ人気ランキング!

膝の黒ずみは普通に生活をしていると、どうしてもできてしまうのでケアをすることが大切なのです。

刺激から肌を守るためにクリームを塗ったり、肌のターンオーバーを促すような食生活や生活習慣を心がけると黒ずみもできにくく、改善も早いと言われています。

自分では気づきにくいひざの黒ずみですが、それがあるだけでずいぶん老けて見えるため、できる前に作らない努力も必要です。

ケアと予防の両方でいつでも綺麗なひざを保ちたいですね!

 

常にDV被害を受ける女性|実は自分から暴力を引き付けている!?

lovestory, 31 12月 2014, No comments
Categories: 未分類

皆さんはDVについてどう思いますか?

DVとはドメスティック・バイオレンスの略で、親しいパートナーからの暴力を意味します。

現在、恋人や夫からのDVで悩んでいる女性は増えているようですが、
DVを受けている本人は、被害を受けていることを言えないケースが多いようです。

なぜ言えないのかというと、
女性の心の中に「彼がDVするのは、私が悪いからだ」という妙な意識が働いているからです。

幼児期のトラウマが原因かは分かりませんが、
「私のせいで彼が○○○になっている」と考える傾向があるそうです。

そのため、DVを受けても仕方ないんだと無意識に考えてしまうのかもしれません。

一方、DVをする男性はコンプレックスの塊であることがほとんどで、
世間に認められたいという思いから、心の中が不平不満でいっぱいになっています。

DVを受けてしまう女性は、どうしても男性のコンプレックスを刺激してしまう傾向があるみたいですね。

それでいて情にもろい女性が多いようです。
どうしようもない男性の姿を見ていると「彼には私が必要なんだ」と思ってしまうのでしょう。

また、DVをする男性はいつも暴力をふるうわけでなく、
時々「お前がいないとダメなんだ」というような言葉で、女性に愛情を向けます。
時には、涙を流して謝る事もあるそうです。

そういった男性の姿を見ていると、女性は男性から離れられなくなるのでしょうか。

家庭内のDVは外から把握しにくい上に、
DVを受けている本人も打ち明けたりしないので、なかなか難しい問題なのかもしれませんね。

美容整形を繰り返してしまう女性心理について考えてみました。

lovestory, 31 12月 2014, No comments
Categories: 未分類

女性なら誰でも「もっと美しくなりたい」と思いますよね。

最近は美しくなるために、コスメを購入したりエステなどに通う以外に、
美容整形をしようと考える女性も少なくないようです。

ある調査によると、整形をしてみたいと思っている人の割合は全体の約20%。
男女割合では、女性が約30%、男性が約11%だということでした。

芸能人などでも、時々ネットで整形疑惑が出て話題になっていますが、
「整形してキレイになった」と思う人もいれば「何でこんな風にしちゃったの?」と思う人もいますね。

初めは「目元だけ」という風に思っていても、だんだん変わる自分を見ていると、
「もっとキレイになりたい」「次は鼻も高くしてみよう」思って、
美容整形の費用をかせぐために、OLから夜の仕事に転職した人もいたり、整形が止まらなくなってしまう女性もいるみたいです。

しかも整形をして美しくなるのでなく、まれにどんどん醜くなっていく人もいます。

精神科の分野では、必要のない美容整形を繰り返してしまう人を「身体醜形障害」とか「醜形恐怖症」と呼ぶそうですよ。肌が汚い、透明感が無いという人は別に美容外科医にいかなくてもこの商品で解決できます。

http://www.antikurozumi.com/

十分にキレイなのに、自分ではそうではないと思い込んでしまうのは心の病なのです。

例えば、元の顔が完全に変わってしまうくらい整形してしまう人は消失願望があり、
自殺を希望している人と心理が似ていて、危険だと言われています。

美しくなるために努力するのは分かりますが、
いわゆる整形中毒には、気をつけた方が良いのではないでしょうか。

胃がん療養で復活した黒木アナとはどんな人物なのか?

lovestory, 30 12月 2014, No comments
Categories: 未分類

胃がん治療のために休養していた黒木奈々アナウンサーが、ようやくテレビに出演するみたいですね。

来年1月4日にNHK「国際報道2015」に、約4カ月ぶりに出演するそうです。

黒木アナは鹿児島出身で、上智大学外国語学部を卒業。
在学中はテニス部で活躍していたそうで、特技はフランス語とテニス。

今流行のアイドルアナとは違って、知的なアナウンサーです。
身長172cmでスタイルも良くて、美脚アナとしても人気がありますね。

毎日放送で報道記者をしていましたが、
英語とフランス語が話せる国際派美人としても評判だったため、
今年4月からNHKのBS1「国際報道2014」でキャスターをすることになりました。

黒木アナのおかげで4月から番組の視聴率も上がったそうですよ。

その黒木アナが7月末に胃に激痛がして、胃潰瘍と診断されて治療を受けたのですが、
それから胃カメラ検査で胃がんが発見されたということです。

胃がんは日本人には多い病気で、発見が遅ければ命にかかわるとされています。

黒木アナは8月末の番組出演を最後に、仕事を休んで胃がん治療に専念しているみたいです。

9月下旬に受けた手術は無事成功。
退院後は、通院しながら自宅で療養しているそうですね。

実は、来年1月4日のテレビ出演は1日限りで、
その後また治療を続けるので、本格復帰は来年4月くらいになるだろうと言われています。

あまり無理をせずに、しっかり治療と静養をして早く元気になってほしいですね。

日テレ女性アナのい内定取り消し問題に物申す!

lovestory, 30 12月 2014, No comments
Categories: 未分類

先日、日本テレビの採用内定を取り消された件で、
訴えを起こしていた女子大生の笹崎里菜さんが、和解協議によって「日テレ入社」の可能性が出てきたようですね。

来年の春、日本テレビにアナウンサーとして入社が内定していた笹崎さん。

内定が決まった後、日テレの担当者から内定者全員に、
ネットに問題があるような画像をUPしている場合は、削除するように指示があったそうです。

そして、笹崎さんも「世間に知られるとマズいような事をしていないか?」と聞かれて、
悩んだ末に「母の知人が経営している銀座のクラブで、少しアルバイトをしていた」と言ったようです。

その時の担当者は「問題ないよ。何かあっても会社が守るから」と答えたのですが、
それから事態は悪い方向に進んでいったみたいです。

担当者が上司(部長)に話したところ、
「傷物のアナウンサーは使えない」というような事を言われて、内定が取り消しになってしまいました。

笹崎さんもクラブでのアルバイトが原因で、
まさか入社できなくなるとは思っていなかったのでしょう。
聞かれたから答えただけなのに、「だったら言わなければよかった」と後悔したと思います。

それから笹崎さんは、内定取り消しに納得できずに日テレを訴え、
現在、どうやら日テレに入社できる可能性が高くなってきているようですね。

ただ、入社できなくても辛いとは思いますが、
こんなに話題になってしまったからには、このまま日テレに入社することになっても、それはそれで厳しいのではないかと思います。

女からみた嫌いな女子アナを挙げてみます。

lovestory, 30 12月 2014, No comments
Categories: 未分類

今年の秋、「好きな女子アナ」の調査で1位になったのは、
春からの連覇&ダントツで、日本テレビの水卜麻美アナだったみたいですね。

一方「嫌いな女子アナ」で1位になったのはフジテレビの加藤綾子アナ。

容姿端麗だし、バラエティーも報道もこなす才能を持っていて、
どこに嫌われる要素があるのかと思うのですが・・・そういった所が逆に嫌われてしまうのかもしれません。

やはり今年はダルビッシュとの交際がウワサされて、
軽い女だとか、お金目当ての女だというイメージが先行してしまったのでしょうね。

水卜アナのように、天然ボケで癒し系のタイプではなく、
「女」を武器にしている感じが、女性から反感をかってしまうのだと思います。

同じような理由で、女性から嫌われている女子アナは他にもいますが、
小林麻耶が嫌いだという人は、最近増えているようですよ。

小林アナはお昼の番組「バイキング」にレギュラー出演するようになってから、
ぶりっ子キャラが痛すぎると言われ、女性から嫌悪感をもたれているようです。

小林アナが嫌われている理由は、
「チャラチャラした態度と声が、アナウンサー向きでない」とか、
「30過ぎているくせに、キャピキャピしすぎ」ということみたいです。

特に、TV番組「バイキング」の中で、
たまたま刀で切られる演技をすることになった、小林アナが上手に演技できなかったことに落ち込んで、CM中に号泣したことが話題になってしまったようですね。

視聴者からは「本番中に泣くほどのことか?社会人としてありえない」と言われていたようです。

しかし、男性からは嫌われていないようなので、
これから名誉挽回して「嫌いな女子アナ」から脱出できるかもしれませんね。

2014年に気になった流行語「マタハラ」!

lovestory, 30 12月 2014, No comments
Categories: 未分類

今年も流行語大賞が発表されましたが、
その候補の中に「マタハラ」も入っていて、ビックリした人もいたのではないでしょうか。

「マタハラ」とは、女性が妊娠や出産を理由に解雇されたり、
妊娠や出産して嫌がらせを受けたりすることで、マタニティーハラスメントという言葉の略です。

マタハラという言葉が出始めたのは1980年代だそうですが、
最近、職場でのマタハラは深刻化していて、様々な問題が起きています。

法律では、妊娠や出産を理由に解雇する事は禁止されているようですが、
実際にマタハラを受けたことがある女性は3割近くもいると言われています。

しかし、最近の女性は強いですね。
妊娠したために職場で役職を降格になったことで、
会社を訴えて労働審判を起こし、勝訴したケースもあるみたいです。

ただ、妊娠・出産したからといって、一方的に退職を勧めるのは酷いですが、
企業側の事情も分からないではありません。

妊娠した女性は体調も不安定になりがちで、今までのように仕事をこなせないでしょう。
周りの人に仕事のしわ寄せが及んでしまうので、迷惑をかけてしまうことも多いです。

雇用環境や支援制度がきちんと整っている大企業ならいいのですが、
中小企業の場合は、従業員の数も限られていて、産休や育休の時だけ人は雇うことは難しいのです。

育休後に復職すると言っていても、事情が変わって辞めてしまうこともあるでしょう。

やはりマタハラなどと言われないように、お互いの温和な話し合いが大切だと思います。

女性にとって「仕事か?育児か?」を選択しなければいけないような社会は問題があるかと思いますが、解決していくのは難しいかもしれません。

男が浮気する原因というのは?

lovestory, 01 10月 2014, No comments
Categories: 未分類

男は必ず浮気をする。
いつの時代もそう。

浮気で悩んでいる女性は全世界共通だと思います。
で、ちょっと考えてみました。

「そもそもなんで男は浮気をするの?」

・・・

じっくり考えてみました。

「そりゃー、男だから」とか、
「スケベだからじゃない?」とか言う人がいますが、

そういう問題ではありません。

もっと生物学的になぜ、男が浮気をするかってことについて考えてみたんです。

男というのは古来、原始人のときというのは常に戦いのさなかにいた。

民族同士の争いもいあるだろうし、いつ熊や野獣に襲われるかもしれない。

常に死と隣り合わせにあったワケだ。

いつ死ぬかもしれないという状況。
そういう危機迫った状況でも子孫は残さなければならない。

子孫をのこさなければ人類は滅亡してしまうからだ。

だから一刻も早くメスを見つけて交尾をしなければならない。
だっていつ死ぬか分からないわけだからね。

そして、子孫は多く残さなければならない。

これが男が浮気をする起源だと私はかんがえています。